別世界からウインクしてる

別世界からウインクしてる

知っていますか?

学者たちの間でこの現実世界は”シミュレーションプログラミングの可能性が50%以上ある”と言われているらしい。 

自分の視界は誰かに見せられている、用意されている。

自分が感情や感じたことは、自分がそう感じるようにプログラムされている説は結構ある。

持っているであろう感情は実在しているかってすごく怪しい。

 

自分の意識が存在しているか初めて考えたのは、小5だかの国語のテスト中。

ローマ文明か何かの題材の文章の中でコロッセオが登場した。

円形闘技場であるコロッセオを見てぐるぐるぐるぐると、考えていた。

もしかしたら自分は真ん中で踊っていて、客観的な何かが自分たちのことを操って見ているんじゃないか、と。

設定があってその人の人生があって…アニメやドラマを鑑賞する感覚に近いかもしれない。

言わないだけで、そんな気づきのタイミングって人それぞれ結構ありそうだよね。  

 

6年ほど前、大学の社会学の授業で「トゥルーマン・ショー」という映画を見た。

主人公である男性・トゥルーマンは生まれた時から人生の全てを24時間撮影されていて、そのままリアリティ番組『トゥルーマン・ショー』として世界220ヶ国で放送され続けていた。

彼の住む“世界”は巨大なドーム状のセットで、太陽や月、星々も機械仕掛けの照明装置に過ぎず、雨や雷鳴などの気象もすべて人為的な演出。

そして何より、トゥルーマン以外の人物は全て俳優であった、というストーリー。

小学生のときからぼんやり考え続けてきたことが形として目の前で広がる衝撃は忘れられない。

 

“自分の人生は誰かに見られている・楽しんでいる”

“喜怒哀楽やいわゆる人生の壁・試練というのは誰かに意図的に与えられている”

“自分も他人も存在しない”

だから実際に起こっていることよりも、自分がどう感じているかが人生のすべてである気がしている。

 

 

週刊少年サンデーで連載していた大高忍による「マギ」という漫画作品も、似たような題材を扱っていた。

簡単に言うと政治や思想を絡めた世界がどうなっていくかみたいな話。

マギからひもとく運命と自由意志

この記事で詳しくお話されています。

未読だと分かりづらいですが、興味あればぜひ。

 

 

思い込みというのは、”ない”ものを存在させる力があることに気がついてからまた何かが変わった。

自分の認識している世界でしか物事は図れないのだからここで話したこともすべて、悪魔の証明にしか過ぎないのだけれど。

だからここでいつも考えることをやめて、でも気が付けばまた考えている。

 

辛いことがあったら、神に遊ばれちゃったなと思う。

自由意志がなくて受動的な価値観で生きる希望なんてあるの?と思う人もいるかもしれないけれど、まあ0か100かって話ではないと思っている。

 

私は、未来には結構わくわくしている。